イギリスの学校

   イギリス生活・仕事のよもやま話は・・・「「まる」ないちにち」へ
   子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう~。アルファベットから教えてしまうと、あとが大変!
   その理由は・・・「カテゴリ:英語」のフォニックス
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

プロフィール

haykichi

Author:haykichi
本名:『山下かよ子』
Kayoko Yamashita。

日本で小学校の教員として通常学級と特別支援学級で勤務したのち、夫の海外転勤で渡英。イギリスではプリ・スクールで働き、今は小学校でLanguage Assistantとして勤務。
Nottingham 大学でSpecial Needs Education (特別支援教育) 修士号取得 (2012年)。
Jolly Learning 社のJolly Phonics と Jolly Grammar の公認トレーナー(2013年)。

最新コメント


掛け算: Year 3 (7-8歳児) «  » 掛け算: Year 2 (6-7歳児)

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: スポンサー広告
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

掛け算: Year 3 (7-8歳児) «  » 掛け算: Year 2 (6-7歳児)

フォニックス:magic e とは

2011/08/25 (木) 08:00
今までの記事からEarly years (4-5 歳児) の子どもたちが、この1年でかなり読み書きができるようになるのがわかると思います。
ところが、英語のややこしいのはこれからなんです。例えば、like はフォニックスのルールに従えば、リケ、make はマケ になるはずなのに、like は ライク、make は メイク と発音します。中学生の時、ただ「覚えなさい」と言われませんでしたか?
実は、これ、ルールがあるんです。それが magic e というもの。

まず、次の各組の3つの単語を見て、それぞれ共通部分を挙げてみてください。

1) tame, made, snake
2) fete, gene, complete
3) like, kite, stride
4) tone, hope, scope
5) tune, huge, use
6) rude, prune, computer

さぁ、わかりましたか?

1) tame, made, snake
2) fete, gene, complete
3) like, kite, stride
4) tone, hope, scope
5) tune, huge, use
6) rude, prune, computer

全て、共通しているのは「母音+子音+e の形」になっていますね。この形が大切なんです。

tub・・・トゥ‐ア‐ブ=タブ ところが、最後に e がつくと
tube・・・トゥ‐ア‐ブ-エ=タベ
とは読みませんよね。

チューブ

となります。

この最後にある e が二つ前の母音 u に「フォニックスではない~名前*に変身せよ~」と魔法をかけると、u は ア と読まずに ユー という名前に変身し、e 自身は、魔法をかけてしまったので自分自身の力がなくなり、音を出せなくなったので、e の音は読まないんです。

magic e 002

made だったら、ム-ア-ドゥ-エ と読むところ、e の魔法によって a の音が、名前である エイ の音に変身して、e は読みません。それで、ム-エィ-ドゥ=メイドゥ と読むんですね~。

5) 6) の u に関しては、音が二種類あるということで
5) tune はトゥ-ユー-ン=チューン
6) rude はル-ウ-ドゥ=ルードゥ
となるのです。

この 「e は、二つ前の母音の音を魔法によって名前に変えてしまう」というのが、今日のタイトル magic e でした!
お分かりいただけましたか?

こうして、少しずつスペルのルールを覚えていきます。もちろん、これ以外でも エイ と読む音はあるし、magic e でも例外はあります。
*名前というのはいわゆるアルファベッドのことで、a, b, c, d・・・を エイ、ビー、シー、ディーと読むことです。それぞれの文字の名前がこれで、音が ア、ブ、ク、ドゥ・・・というフォニックスのことですね!
関連記事
スポンサーサイト


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: シンセティック・フォニックス
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

掛け算: Year 3 (7-8歳児) «  » 掛け算: Year 2 (6-7歳児)

お知らせ


イギリスの学校についてわからないことや不安なこと、心配事。そんな悩みを少しでも解消できたらと思って始めたブログですので、ご質問をいただければ私にわかる範囲でお答えしたいと思っております。もちろん、イギリスで実際にお子さんを学校に通わせてみえる方の貴重なご意見、大歓迎です!

ただし、私自身、プライマリー (小学校) での勤務経験しかないため、セカンダリー (中学・高校) や 6th form に関しては残念ながらお答えすることができません。GCSE、Aレベル、国際バカロレア資格などの資格取得、日本の大学受験に関する条件、帰国子女に関する問い合わせなどをいただいても、一切お答え致しかねますのでご了承ください。

学校選びに関しては、直接ご自分で学校へお問い合わせいただくことをお勧めします。ほとんどの学校はホームページもあり、メールでのやりとりを行うこともできますので、電話での会話に自信がなくても問い合わせは可能です。

また、学校を選ぶ一つの基準としてOfSTED (非政府機関の学校基準局) のサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。具体的な学校情報の取得にはお勧めです。

おすすめ教材

家庭での本読みに多く使われるORT
Jolly Learning Ltd.
学校現場でも使われている辞書

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。