イギリスの学校

   イギリス生活・仕事のよもやま話は・・・「「まる」ないちにち」へ
   子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう~。アルファベットから教えてしまうと、あとが大変!
   その理由は・・・「カテゴリ:英語」のフォニックス
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

プロフィール

haykichi

Author:haykichi
本名:『山下かよ子』
Kayoko Yamashita。

日本で小学校の教員として通常学級と特別支援学級で勤務したのち、夫の海外転勤で渡英。イギリスではプリ・スクールで働き、今は小学校でLanguage Assistantとして勤務。
Nottingham 大学でSpecial Needs Education (特別支援教育) 修士号取得 (2012年)。
Jolly Learning 社のJolly Phonics と Jolly Grammar の公認トレーナー(2013年)。

最新コメント


通知表:Annual Report «  » 掛け算: Year 1 (5-6歳児)

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: スポンサー広告
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

通知表:Annual Report «  » 掛け算: Year 1 (5-6歳児)

卒業式:Leaver's ceremony

2011/07/28 (木) 19:31
イギリスでは9月に学校が始まり、7月に終わります。ですので、この時期は卒業シーズン。
卒業生 (leavers) は、今までの思いでとともに、新しい環境へ期待と不安を抱いて巣立っていきます。

日本では卒業式というと「一番大切な儀式」とまで言われるくらい、厳かな雰囲気の中行われます。
中学生なら制服に、小学生も紺色や黒色の「式服」に身を包み、ちょっぴりセンチなムードの中、粛々と卒業式が行われます。何度も何度も式典の練習をし、一糸乱れぬ動作が印象的な卒業式。

ではイギリスは・・・?
これも学校によりけりなんですね~。
卒業式 (Leaver's ceremony) を行う学校もあれば、なんと卒業式がない学校も!

卒業式と言っても、普段着のような学校の制服 (と言ってもスウェット+黒や紺、グレーのスカートやズボン、暑ければ女の子は学校カラーのワンピース=ドレスと言います) の着用であったり、フォーマルな服に身を包んだり、と学校によって全く違います。

卒業式の流れは?
私が勤めている学校では、ホール (体育館) に椅子を並べて、卒業生は保護者と対面で座ります。和やかな雰囲気の中、校長先生に一人ずつ名前を呼ばれ、卒業証書 (と言っても先生たちからにサインがされているカード) を受け取り、握手をして、歌を歌っておしまい。60人の子どもがいますが、30分くらいで終了。

ミドルスクール (Year 6=11歳の子どもたち) の卒業式も、名前だけ読んで終わりのところもあれば、Award (アウォード:賞) を授与されるところもあるそうです。私の知っているお子さんは、たった2年のイギリスの学校生活なのに、英語もぐぐっと伸び、その努力を讃えられ、卒業式の最後で Award of Endevour (アウォード オブ エンデバー:努力賞) をいただいたそうです。

卒業式に出席されたおるお母さんの声:

「保護者の方が、いつもどおりの普段着だったので(Tシャツ、Gパン、ビーチサンダル等) そのことにかなり驚きました。」

主人公は子どもということで、日本のように保護者もきちんとした格好で出席する必要はないということでしょうか。でも、ドレスでみえたお母様もいましたので、その人の卒業に対する思いによってさまざまなんでしょうね。

ちなみに終了式もありません。いつものように学校へ行き、授業 (と言ってもパソコンでゲームする、絵を描く etc.) をする学校もあれば、パーティーと称して、踊ったり、遊んだりする学校も。下校時刻も、通常の下校よりも少し早いくらいで、日本のように半日になるということは、ほとんどないようです。
関連記事
スポンサーサイト


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: 一年の流れと年間行事
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

通知表:Annual Report «  » 掛け算: Year 1 (5-6歳児)

お知らせ


イギリスの学校についてわからないことや不安なこと、心配事。そんな悩みを少しでも解消できたらと思って始めたブログですので、ご質問をいただければ私にわかる範囲でお答えしたいと思っております。もちろん、イギリスで実際にお子さんを学校に通わせてみえる方の貴重なご意見、大歓迎です!

ただし、私自身、プライマリー (小学校) での勤務経験しかないため、セカンダリー (中学・高校) や 6th form に関しては残念ながらお答えすることができません。GCSE、Aレベル、国際バカロレア資格などの資格取得、日本の大学受験に関する条件、帰国子女に関する問い合わせなどをいただいても、一切お答え致しかねますのでご了承ください。

学校選びに関しては、直接ご自分で学校へお問い合わせいただくことをお勧めします。ほとんどの学校はホームページもあり、メールでのやりとりを行うこともできますので、電話での会話に自信がなくても問い合わせは可能です。

また、学校を選ぶ一つの基準としてOfSTED (非政府機関の学校基準局) のサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。具体的な学校情報の取得にはお勧めです。

おすすめ教材

家庭での本読みに多く使われるORT
Jolly Learning Ltd.
学校現場でも使われている辞書

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。