イギリスの学校

   イギリス生活・仕事のよもやま話は・・・「「まる」ないちにち」へ
   子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう~。アルファベットから教えてしまうと、あとが大変!
   その理由は・・・「カテゴリ:英語」のフォニックス
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

プロフィール

haykichi

Author:haykichi
本名:『山下かよ子』
Kayoko Yamashita。

日本で小学校の教員として通常学級と特別支援学級で勤務したのち、夫の海外転勤で渡英。イギリスではプリ・スクールで働き、今は小学校でLanguage Assistantとして勤務。
Nottingham 大学でSpecial Needs Education (特別支援教育) 修士号取得 (2012年)。
Jolly Learning 社のJolly Phonics と Jolly Grammar の公認トレーナー(2013年)。

最新コメント


引き算: Year 3 (7-8歳児) «  » いじめについて

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: スポンサー広告
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

引き算: Year 3 (7-8歳児) «  » いじめについて

引き算: Year 2 (6-7歳児)

2011/06/25 (土) 21:17
Year 2 (2年生:6-7歳児)

1) 引き算に関する言葉を読んだり、使ったりすることができる。

take away (とってしまう、引く)
subtract (引く)
difference between (~と~の違い、差)
how many are left (いくつ残る)
how much less is ...than ~ (...は~よりいくつ少ない)
how much more is ...than ~ (...は~よりいくつ多い)
how many more to make ... (...にするためにはあといくついる)
そして、― の記号を使えるようにすることも必要となります。

2) 分からない数を表すのに、□や△を用いることを知る

7 - 3 = □,  □ - 6 = 2, □ - △ = 8


3) 10までの数の足し算と引き算が暗算でできるようにする (addition and subtraction facts と言います。分解と合成のことです。)

例)
合成: 0 + 7 = 7, 1 + 6 = 7, 2 + 5 = 7, ・・・7 + 0 = 7
分解: 7 - 0 = 7, 7 - 1 = 6, 7 - 2 = 5, ・・・7 - 7 = 0

発展として、10までができるようになれば、20までも暗記できるようにする。

4) 10のかたまりごとに、100までの引き算ができるようになる

例えば、100から60までいくのに、10ずつ数えていくと、何回数えることになるか。100 から数え始めると、90, 80, 70, 60 と4回ですね。よって答えは40。

5) 何十から、一桁の数をひくことができるようになる

80 - 4 = □
おなじみ、ハンドレッド (ナンバー) スクエアを用いて、80からひとつ、ふたつ、と戻っていきます。


□ - 7 = 53
これは、53から7をたしていくやりかたで、引かれる数を求めます。

6) number line (ナンバーライン:数直線) や TUB メソッドを用いて、引き算ができるようにする


その1 TU―U (T=ten's:十の位、 U=Unit's:一の位)
繰り下がりのない引き算から始め、できるようになったら繰り下がりがあるものも行う。ただし、上記ハンドレッドスクエアを用いて、引く分だけ数を数えることができればよい。

その2 TU-TU
ナンバーラインを用いる方法
 例)42―39
 39より大きく、一番近い何十数は40。そこまでは +1。40 から 42 までは +2。よって、合わせて 3 となり、答えは3。

 例)47-12
 この場合は、12のみ partition (分解)をします 12 = 10 + 2
 次に、12より大きく、一番近い何十の数 (20) まで、いくつあるか数えます。
 そして、20から40までジャンプし、40から47まで数えたその合計が答えになります。



よく、海外で買い物をすると、お釣りをくれるのに足していく!という経験がありませんか?引き算と言うよりは、引かれる数までにどれだけで到達するか、という足し算の考えで計算を行うからなんですね~。これが、まさにそれなんです。

TUBメソッドを用いる方法
 例)75-42
 まず、これができるようにするために、数の partition (分解) を勉強します。
 75は70と5、42は40と2。そして、十の位、一の位をそれぞれ引き、その差の合計が75-42の答えとなります。

関連記事
スポンサーサイト


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: 計算
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

引き算: Year 3 (7-8歳児) «  » いじめについて

お知らせ


イギリスの学校についてわからないことや不安なこと、心配事。そんな悩みを少しでも解消できたらと思って始めたブログですので、ご質問をいただければ私にわかる範囲でお答えしたいと思っております。もちろん、イギリスで実際にお子さんを学校に通わせてみえる方の貴重なご意見、大歓迎です!

ただし、私自身、プライマリー (小学校) での勤務経験しかないため、セカンダリー (中学・高校) や 6th form に関しては残念ながらお答えすることができません。GCSE、Aレベル、国際バカロレア資格などの資格取得、日本の大学受験に関する条件、帰国子女に関する問い合わせなどをいただいても、一切お答え致しかねますのでご了承ください。

学校選びに関しては、直接ご自分で学校へお問い合わせいただくことをお勧めします。ほとんどの学校はホームページもあり、メールでのやりとりを行うこともできますので、電話での会話に自信がなくても問い合わせは可能です。

また、学校を選ぶ一つの基準としてOfSTED (非政府機関の学校基準局) のサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。具体的な学校情報の取得にはお勧めです。

おすすめ教材

家庭での本読みに多く使われるORT
Jolly Learning Ltd.
学校現場でも使われている辞書

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。