イギリスの学校

   イギリス生活・仕事のよもやま話は・・・「「まる」ないちにち」へ
   子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう~。アルファベットから教えてしまうと、あとが大変!
   その理由は・・・「カテゴリ:英語」のフォニックス
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

プロフィール

haykichi

Author:haykichi
本名:『山下かよ子』
Kayoko Yamashita。

日本で小学校の教員として通常学級と特別支援学級で勤務したのち、夫の海外転勤で渡英。イギリスではプリ・スクールで働き、今は小学校でLanguage Assistantとして勤務。
Nottingham 大学でSpecial Needs Education (特別支援教育) 修士号取得 (2012年)。
Jolly Learning 社のJolly Phonics と Jolly Grammar の公認トレーナー(2013年)。

最新コメント


ジョリーフォニックス2歳児に試しています «  » 無料の親子ジョリーフォニックス体験セミナー&指導者向けセミナー

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: スポンサー広告
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

ジョリーフォニックス2歳児に試しています «  » 無料の親子ジョリーフォニックス体験セミナー&指導者向けセミナー

Fairy Tale おとぎ話, Traditional Story 昔話

2014/02/01 (土) 10:00
「むかしむかしあるところに・・・」と決まりきったフレーズで始まる日本の昔ばなし。桃太郎、金太郎、かぐや姫・・・。日本人だったら誰でも知っているお話ですね。英語にもなっているし、私も実際、勤務している学校のYear1の子どもたちに読んであげます。
fr_peach_boy.jpg
Usborn のサイトより引用】
なぜ、Year 1 の子どもたちに読むかというと、Reception やYear 1ではFairy Tale:おとぎ話 Traditional story:昔話 について学習するためです。

学校によって用いるお話は違いますが、これだけは知っておきたいというお話をいくつか挙げてみます(私が子どもの時に日本語で読んだものばかりです!さすが昔話!)。
・Three little pigs (三匹のこぶた)
・Goldilocks and the Three Bears (ゴールディロックスと三匹のクマ)
・The Gingerbread Man (ジンジャーブレッドマン)
・Jack and the Beanstalk (ジャックと豆の木)
・Enormous Turnip (大きなカブ)
・The Three Billy Goats Gruff (三匹の山羊とガラガラドン)
・Little Red Riding Hood (赤ずきんちゃん)
・The Little Red Hen (リトルレッドヘン)
・The Ugly Duckling (みにくいアヒルの子)
・Cinderella (シンデレラ)


さて、一番よく用いられるお話が『Goldilocks and the Three Bears (ゴールディロックスと三匹のクマ)』です。

ある女の子が森を散歩中に、かわいいお家を見つけ、中に入ってみました。すると、テーブルの上にはポーリッジの入ったボウルが大中小と並んでいます。お腹がすいていたので、食べようとしましたが、大きいのは熱すぎ、中くらいのは甘すぎました。小さいのはちょうどよかったので、全部食べてしまいました。次に、大中小の椅子を見つけ、座ってみようと思いましたが、えし大きい椅子は高すぎて、中くらいの椅子は柔らかすぎて、小さいのはちょうどよかったので座りました。…


と話が続いていきます。同じパターンが繰り返されていくのですが、これで子どもたちは
・はじめ、なか、おわりというストーリー構成
・First, Next, Then, Lastly という順番を表す言葉
・同じ言葉の繰り返し(大きいのは…中くらいのは…小さいのは…というフレーズなど)
を習います。

また、上にあげたお話の内容ですが、三匹のこぶたや大きなカブなど、同じことの繰り返していますよね。この同じことの繰り返しを順番通りに挙げていくことを重視して、話の順番を言えるかどうか確認します。
こうしたおとぎ話や昔話では、お話の出だしが日本で言う「むかしむかし、あるところに・・・」と同様 Once upon a time というフレーズになっています。このフレーズはしっかりと覚えて、書けるようにしておくといいですね。


こちらの Fairy Tale Land サイトお勧めです。このサイトから昔話のタイトルを選ぶと、お話を読んでくれたり、内容把握のための問題があったり、クイズがあったりして、実際にどんなことを勉強したらいいかがわかるようになっています。

*最近、日本人の子どもでも日本の昔話を知らない子が増えています。自国のものをきちんと学ぶことはとても大切なことです。お家でしっかりと読んであげてほしいなぁと思います。上に挙げた本ですが、私が子どものころ読んだものばかりです。大人になった今、異国の地で役に立っていますよ。
関連記事
スポンサーサイト


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: 学習内容・目標・単元別授業内容
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

ジョリーフォニックス2歳児に試しています «  » 無料の親子ジョリーフォニックス体験セミナー&指導者向けセミナー

お知らせ


イギリスの学校についてわからないことや不安なこと、心配事。そんな悩みを少しでも解消できたらと思って始めたブログですので、ご質問をいただければ私にわかる範囲でお答えしたいと思っております。もちろん、イギリスで実際にお子さんを学校に通わせてみえる方の貴重なご意見、大歓迎です!

ただし、私自身、プライマリー (小学校) での勤務経験しかないため、セカンダリー (中学・高校) や 6th form に関しては残念ながらお答えすることができません。GCSE、Aレベル、国際バカロレア資格などの資格取得、日本の大学受験に関する条件、帰国子女に関する問い合わせなどをいただいても、一切お答え致しかねますのでご了承ください。

学校選びに関しては、直接ご自分で学校へお問い合わせいただくことをお勧めします。ほとんどの学校はホームページもあり、メールでのやりとりを行うこともできますので、電話での会話に自信がなくても問い合わせは可能です。

また、学校を選ぶ一つの基準としてOfSTED (非政府機関の学校基準局) のサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。具体的な学校情報の取得にはお勧めです。

おすすめ教材

家庭での本読みに多く使われるORT
Jolly Learning Ltd.
学校現場でも使われている辞書

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。