イギリスの学校

   イギリス生活・仕事のよもやま話は・・・「「まる」ないちにち」へ
   子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう~。アルファベットから教えてしまうと、あとが大変!
   その理由は・・・「カテゴリ:英語」のフォニックス
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

プロフィール

haykichi

Author:haykichi
本名:『山下かよ子』
Kayoko Yamashita。

日本で小学校の教員として通常学級と特別支援学級で勤務したのち、夫の海外転勤で渡英。イギリスではプリ・スクールで働き、今は小学校でLanguage Assistantとして勤務。
Nottingham 大学でSpecial Needs Education (特別支援教育) 修士号取得 (2012年)。
Jolly Learning 社のJolly Phonics と Jolly Grammar の公認トレーナー(2013年)。

最新コメント


Jolly Phonics を web lesson で- b-  «  » 英語論文の書き方:その3 下書き

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: スポンサー広告
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

Jolly Phonics を web lesson で- b-  «  » 英語論文の書き方:その3 下書き

Jolly Phonics を web lesson で -g, o, u ,l ,f-

2013/09/01 (日) 18:52
しばらく姪っ子へのスカイプを使ったレッスンの様子のアップができないでいました・・・。まとめて今日はお知らせします。

Finger Phonics 3 に入りました。
Finger Phonics Book 3, G, O, U, L, F, B,/Board Book (Jolly Phonics)Finger Phonics Book 3, G, O, U, L, F, B,/Board Book (Jolly Phonics)
(1994/01)
Sue Lloyd、Sara Wernham 他

商品詳細を見る


教え方は今までと同じ。申し訳ありませんが、今回はおおよその流れだけを記させていただきます。

【復習】
既習の文字をフラッシュカードで見せ、音の確認をおこなう。姪っ子はすでにアクションを付けなくても、文字と音の関係を覚えていました。

【お話】
イラストを見ます。それぞれのイラストは、
g:おじいちゃんのお家へ遊びに行き、庭で遊んだ後に手を洗おうと思ったら、洗面台の水が流れない話
o:引っ越してきた家で興奮してなかなか寝られない男の子が、電気のスイッチをオン・オフする話
u:雨が降ってこないかな~と傘を持っている子どもたちの話
l:お誕生日会でおいしいぺろぺろキャンディーをなめている話
f:浮き輪の空気が抜けていく話
になっています。その場面ごとに、インキーマウスやスネィク、ビーがどこにいるかあてっこします。
snake,beeinky
そして、なぜか暗闇に必ず「目」があるので、それも見つけるとおもしろい。

【音とアクション】
上の話しを読んでいくと、必ずその音が出てきます。gなら水が流れる音。これをgggと言いながらアクションの
g_action.gif
を紹介。水が流れていく様子を手で表現しています。

【文字の練習】
次にそれぞれどうやって文字を書くか練習します (Pupil Book 1 の各ページ)。
この時大切なのが、文字を書きながらその音をきちんと言わせることです。

【音の聞き取り】
Pupil Book に出てくるイラストを私が読み、その文字の音が含まれているか含まれていないかを聞いてもらいます。これは、のちのちに書く練習の基礎になるところになるので、丁寧に行います。
*例えば、frog にgが含まれているか確認するためには、聞いた単語にどの音が含まれているかがわからなければいけません。この音がわかるということ=単語がどの文字の組み合わせになっているかがわかる=その単語が書ける となるからです。

【単語を読む】
Pupil Book に出てくる単語を読みます。ゆっくりでいいので、1つずつ読んでいきます。そして、その音をぎゅっと縮めれば単語が読める、というわけです。(この1つ1つ読んだ後に、ぎゅっと縮めて読むこと(blend混ぜる、または synthsise 統合すること)が、シンセティックの名前の由来です。)
姪っ子は3文字からなる単語なら、ほとんど問題なく読めるようになっていました。ただし、日本人にとって聞き取りにくい/区別しにくい (m, n) (r, l) (a, u) の違いには注意が必要です。
これも練習を重ねるたびに、発音もできるようになっていきます。



各レッスン、15分ほどです。ここまで行って夏休みになりました。私が夏休みは香港・日本出張が入ってしまったので、ひとまずここで終了です。

実はこの姪っ子、日本で私がワークショップを開く際、「証拠」として参加してくれました(笑)。
詳しくはこちらを姪っ子のなおちゃん、大活躍

彼女にとって、今、この英語の文字を読むことが楽しく、目につくものを読むようになっています。そして、うれしいことに「書く」ことにも興味を持ち始めました。これについては、また次回。
関連記事
スポンサーサイト


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: シンセティック・フォニックス
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

Jolly Phonics を web lesson で- b-  «  » 英語論文の書き方:その3 下書き

お知らせ


イギリスの学校についてわからないことや不安なこと、心配事。そんな悩みを少しでも解消できたらと思って始めたブログですので、ご質問をいただければ私にわかる範囲でお答えしたいと思っております。もちろん、イギリスで実際にお子さんを学校に通わせてみえる方の貴重なご意見、大歓迎です!

ただし、私自身、プライマリー (小学校) での勤務経験しかないため、セカンダリー (中学・高校) や 6th form に関しては残念ながらお答えすることができません。GCSE、Aレベル、国際バカロレア資格などの資格取得、日本の大学受験に関する条件、帰国子女に関する問い合わせなどをいただいても、一切お答え致しかねますのでご了承ください。

学校選びに関しては、直接ご自分で学校へお問い合わせいただくことをお勧めします。ほとんどの学校はホームページもあり、メールでのやりとりを行うこともできますので、電話での会話に自信がなくても問い合わせは可能です。

また、学校を選ぶ一つの基準としてOfSTED (非政府機関の学校基準局) のサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。具体的な学校情報の取得にはお勧めです。

おすすめ教材

家庭での本読みに多く使われるORT
Jolly Learning Ltd.
学校現場でも使われている辞書

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。