イギリスの学校

   イギリス生活・仕事のよもやま話は・・・「「まる」ないちにち」へ
   子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう~。アルファベットから教えてしまうと、あとが大変!
   その理由は・・・「カテゴリ:英語」のフォニックス
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

プロフィール

haykichi

Author:haykichi
本名:『山下かよ子』
Kayoko Yamashita。

日本で小学校の教員として通常学級と特別支援学級で勤務したのち、夫の海外転勤で渡英。イギリスではプリ・スクールで働き、今は小学校でLanguage Assistantとして勤務。
Nottingham 大学でSpecial Needs Education (特別支援教育) 修士号取得 (2012年)。
Jolly Learning 社のJolly Phonics と Jolly Grammar の公認トレーナー(2013年)。

最新コメント


英語論文の書き方:その2 構成 «  » 日本での講演会で学んだこと

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: スポンサー広告
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

英語論文の書き方:その2 構成 «  » 日本での講演会で学んだこと

Dyslexia の子どもにもジョリーフォニックス!オーストラリアの学校での取り組み

2013/08/22 (木) 04:21
日本での講演会で、何名かの方と話題になったのがディスレクシア (読み書き困難) を持つ子どもに、どうやってフォニックスを教えたらいいのか、ということでした。

なんともタイムリーなことに、今日、Jolly Learning 社から↓のリンクが送られてきました。
こちら、南オーストラリアにある O'Sullivan Beach School での実践です。(こちらの映像、いつまで閲覧できるかわかりません。)

Jolly Phonics at O'Sullvan Beach School 

この小学校、3年前まではいわゆる落ちこぼれの学校でした。しかし、ジョリーフォニックスを導入したら、英語の成績がぐぐっとよくなったということで、話題に。
まず、最初に登場する JJ という男の子。実はこの子、ディスレクシアなんです。自分で
「綴りが苦手。でも、今はわからない単語を書こうとするときに、まずは音を思い出し、そしてアクションを思い出す。」
と言っています。ジョリーフォニックスで音とアクションを学び、自分で単語が書けるようになって以来、自信を持って授業中も手を挙げるようになったそうです。

この学校では、最初は低学年に子どもにジョリーフォニックスを導入したところ、ぐんぐん伸びて、高学年の子どもたちの英語力の差が歴然となり、高学年にも導入することになりました。その結果、ジョリーフォニックスを導入した子どもたちは、水準よりも30ヶ月も上回った成績を収め、そうでない子どもは水準よりも50ヶ月も下回っていたとのこと。

これだけきちんと系統だったプログラムであるジョリーフォニックスを用いてフォニックスを教えないなんて、非常に残念なこと!と映像中でも SPELD Centre のアンジェラさんも話しています。

ジョリーフォニックスは低学年の子ども向けですが、こうして高学年の子どもたちも十分楽しんでいるし、何よりできる!という自信をもたらしてくれるところが素晴らしいです。
特に、ディスレクシアや行動に問題のある子どもたちも自信を持って勉強に取り組めるようになって、問題行動がなくなったという話は聞き逃せません。


ディスレクシアなど Learning Difficulties を持つ子どもたちのためのセンターSPELD (Specific Learning Difficulties) Centre の取り組みも素晴らしいですよ。こちらのサイトでは無料でいろいろな教材やアイデア、手作りの本などをダウンロードできます。
香港での会議で、このセンターの方の取り組みを聞いたのですが、教育者の鏡!とまで思ってしまいました。アボリジニの子どもたちが通う学校へ何時間もかけて赴き、無償で英語を指導する・・・。私もいつか日本でそんな活動をしたいですね。
関連記事
スポンサーサイト


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: シンセティック・フォニックス
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

英語論文の書き方:その2 構成 «  » 日本での講演会で学んだこと

お知らせ


イギリスの学校についてわからないことや不安なこと、心配事。そんな悩みを少しでも解消できたらと思って始めたブログですので、ご質問をいただければ私にわかる範囲でお答えしたいと思っております。もちろん、イギリスで実際にお子さんを学校に通わせてみえる方の貴重なご意見、大歓迎です!

ただし、私自身、プライマリー (小学校) での勤務経験しかないため、セカンダリー (中学・高校) や 6th form に関しては残念ながらお答えすることができません。GCSE、Aレベル、国際バカロレア資格などの資格取得、日本の大学受験に関する条件、帰国子女に関する問い合わせなどをいただいても、一切お答え致しかねますのでご了承ください。

学校選びに関しては、直接ご自分で学校へお問い合わせいただくことをお勧めします。ほとんどの学校はホームページもあり、メールでのやりとりを行うこともできますので、電話での会話に自信がなくても問い合わせは可能です。

また、学校を選ぶ一つの基準としてOfSTED (非政府機関の学校基準局) のサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。具体的な学校情報の取得にはお勧めです。

おすすめ教材

家庭での本読みに多く使われるORT
Jolly Learning Ltd.
学校現場でも使われている辞書

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。