イギリスの学校

   イギリス生活・仕事のよもやま話は・・・「「まる」ないちにち」へ
   子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう~。アルファベットから教えてしまうと、あとが大変!
   その理由は・・・「カテゴリ:英語」のフォニックス
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

プロフィール

haykichi

Author:haykichi
本名:『山下かよ子』
Kayoko Yamashita。

日本で小学校の教員として通常学級と特別支援学級で勤務したのち、夫の海外転勤で渡英。イギリスではプリ・スクールで働き、今は小学校でLanguage Assistantとして勤務。
Nottingham 大学でSpecial Needs Education (特別支援教育) 修士号取得 (2012年)。
Jolly Learning 社のJolly Phonics と Jolly Grammar の公認トレーナー(2013年)。

最新コメント


雪の日の休校 «  » vaccination:ワクチン接種

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: スポンサー広告
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

雪の日の休校 «  » vaccination:ワクチン接種

Kipper's Toybox を使った授業で思うこと

2013/01/17 (木) 07:29
イギリスの学校には教科書がありません (詳しくはコチラから)。
英語の授業 (日本でいう国語の授業) も教科書がないので、市販の本を使って授業を進めていきます。今日、紹介する本は、私がサポートに行った Year 1 (5-6 歳) のクラスで今週、使われているものです。

Kipper's Toybox (キッパーのおもちゃ箱)


Kipper's ToyboxKipper's Toybox
(2000/02/21)
Mick Inkpen

商品詳細を見る

(ここでは内容は省略します)

実際の授業では、先生がこの本を読み聞かせします。そして、子どもたちはこの絵本を題材にして、図画工作の授業で絵を描いたり、英語の授業で文章を書いたりします。英語の授業でどんなことをするかと言うと、「はじめ・なか・おわり (beginning, middle, end) を考えてもう一度この話を書く」ということです。

その中で、今日、たまたま授業で行っていたのは・・・
「"はじめ" の部分を何通りかの表現で書いてみよう」
というものでした。

お話しの始まりは、たいてい
Once upon a time there was a ・・・. (むかしあるところに・・・がいました。)
One day, there was a ・・・. (ある日、・・・がいました。)
です。これを使って、いくつか文章のはじめの部分を紹介したいと思います。

Once upon a time there was a dog called Kipper.
 むかしあるところに、キッパーという犬がいました。

One day a dog called Kipper was counting his toys.
 ある日、キッパーと言う犬がおもちゃを数えていました。

One morning Kipper found out that there was a hole in his toy box!
 ある朝、キッパーは自分のおもちゃ箱に穴があいているのを見つけました!

One cold morning Kipper counted his toys to see if they were all there.
 ある寒い朝、キッパーはおもちゃが全部おもちゃ箱にあるか数えました。


これが 5―6歳児のレベルですね。Year 2 になると、day や morning を飾る言葉: describing words (または adjectives: 形容詞) を用い、Year 3 になると、動詞を飾る言葉 (副詞): adverbs を使うようにして、文章をよりよくしていくのです。

さて、こうした授業に参加していて感じることは、「学年が上がるにつれて、子どもたちの語彙力の差がどんどん開いていく」ことです。小さいころから本やたくさんのいい言葉に触れることの大切さを感じます。日本人の子に関して言えば、「日本語でこうした言葉を表現できない子は英語でも難しい」ということです。飾る言葉を一緒に考えていっても、本をよく読んでいたり読み聞かせをしている子どもは、どんどん形容詞が出てきます。そうすれば、日本語を英語に訳していけばいいので、英文も書けるようになっていくのです。普段からどれだけ日本語で語彙を増やしていくかということがとても大切ですので、イギリスにいる間、なるべく多くの日本語にも触れるような環境を作ってほしいと思います。そうしないと、日本語の語彙が増えず、結局は英語でも語彙が増えないということになってしまうのです。

そうそう・・・最近では、日本の昔話や世界の traditional story (3匹の子ブタ、3匹のヤギとガラガラドン、赤ずきんちゃん などなど) を知らない子どもも多く、「むかしむかしあるところに・・・」という昔話のフレーズを知らない子が増えて来ているんです!世界のお話は、イギリスの学校でもよく読まれるので、日本語でどんどん読んであげてほしいな~と感じます。
関連記事
スポンサーサイト


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: 英語の教材、サイト
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

雪の日の休校 «  » vaccination:ワクチン接種

お知らせ


イギリスの学校についてわからないことや不安なこと、心配事。そんな悩みを少しでも解消できたらと思って始めたブログですので、ご質問をいただければ私にわかる範囲でお答えしたいと思っております。もちろん、イギリスで実際にお子さんを学校に通わせてみえる方の貴重なご意見、大歓迎です!

ただし、私自身、プライマリー (小学校) での勤務経験しかないため、セカンダリー (中学・高校) や 6th form に関しては残念ながらお答えすることができません。GCSE、Aレベル、国際バカロレア資格などの資格取得、日本の大学受験に関する条件、帰国子女に関する問い合わせなどをいただいても、一切お答え致しかねますのでご了承ください。

学校選びに関しては、直接ご自分で学校へお問い合わせいただくことをお勧めします。ほとんどの学校はホームページもあり、メールでのやりとりを行うこともできますので、電話での会話に自信がなくても問い合わせは可能です。

また、学校を選ぶ一つの基準としてOfSTED (非政府機関の学校基準局) のサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。具体的な学校情報の取得にはお勧めです。

おすすめ教材

家庭での本読みに多く使われるORT
Jolly Learning Ltd.
学校現場でも使われている辞書

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。