イギリスの学校

   イギリス生活・仕事のよもやま話は・・・「「まる」ないちにち」へ
   子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう~。アルファベットから教えてしまうと、あとが大変!
   その理由は・・・「カテゴリ:英語」のフォニックス
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

プロフィール

haykichi

Author:haykichi
本名:『山下かよ子』
Kayoko Yamashita。

日本で小学校の教員として通常学級と特別支援学級で勤務したのち、夫の海外転勤で渡英。イギリスではプリ・スクールで働き、今は小学校でLanguage Assistantとして勤務。
Nottingham 大学でSpecial Needs Education (特別支援教育) 修士号取得 (2012年)。
Jolly Learning 社のJolly Phonics と Jolly Grammar の公認トレーナー(2013年)。

最新コメント


不規則な綴りを覚えるためのサイト «  » 教育講演会:自尊感情

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: スポンサー広告
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

不規則な綴りを覚えるためのサイト «  » 教育講演会:自尊感情

インクルージョン

2012/10/22 (月) 06:00
日本ではまだ馴染みのない言葉 "inclusion:インクルージョン"。
"include:含める" という動詞の名詞となっている単語です。
インクルージョンを日本語に訳すことは難しいのですが「包括」と訳されていることが多いようです。では何を含めるのでしょうか。
障害があるなしに関わらず全ての子どもを含めた教育を意味しています。

日本では特別な支援が必要な子どもは、その子のレベルによって
・特別支援学校
・通常の学校にある特別支援教室
・通常の学校で行われている通級教室
で支援を受けることができます。

世界的にこの特別支援学校や特別支援教室は「インクルージョン」の理念にかなっていないということで廃止の動きにあるそうですが、イギリスでは
Special Schools 特別支援学校
がまだあります。
通常の学校では教育を受けることが難しいと思われる重度の障害を持った子どもが通う特別支援学校や、自閉症を持つ子どもだけを受け入れる特別支援学校などがあります。(各地域の特別支援学校はこちらから検索できます⇒ Special Schools in UK 2012年10月現在)

しかし日本と大きく違うのは、日本のように通常の学校には一般的には特別支援教室がないことです。ただし、学校によっては
Speech and Language Unit (スピーチ アンド ラングエッジ ユニット:言語教室) または
SEN Department (スペシャル エデュケーショナル ニーズ デパートメント:特別支援教育部)
という教室を学校内に併設しており、特別な支援を必要とする子どもは、普段は通常のクラスに在籍していますが、英語や算数など特別な支援が必要な教科のときにこちらの教室に授業を受けに行くこともあります。
この教室には専属のスピーチセラピストが常駐しているところもあり、学業のみならずコミュニケーションの取り方や言葉の習得など、子どもによっては専門家の支援を受けることも可能です。

しかしながら、多くの学校ではこうした教室がないため、特別な支援を必要とする子どもには「一対一」のサポートがついて、通常のクラスの中でみんなと一緒に学習を進めていきます。子どもを教室から取りだして個別に指導するのではなく、教室内で他の子どもと同じ教育内容に沿って支援を行っていく・・・これがインクルージョンと呼ばれる制度になります。

この一対一のサポートに関しては、その子がどれだけのサポートが必要になるかで、1週間数時間のサポートであったり、フルタイムのサポートがついたりします。これに関してはまたの機会に説明します。
インクルージョン・・・実は、私の大学院での修士論文のテーマだったんです。日本とイギリスは特別支援学校がまだあるということで、共通した点は多いのですが、通常学校内での支援の仕方が全く違っていることに私自身、疑問を持ったことがきっかけで、1年かけてインクルージョンについて勉強しました。
しかしながら、勉強すればするほど、イギリスの学校自体、これってインクルージョン?と疑問に思うことも多々あります。
結局、インクルージョンということ自体イギリスでも30年以上もの間、物議を醸しているテーマだと私の指導教官も言っていました。難しい問題ですね。
スポンサーサイト


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: イギリスの学校制度
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

不規則な綴りを覚えるためのサイト «  » 教育講演会:自尊感情

お知らせ


イギリスの学校についてわからないことや不安なこと、心配事。そんな悩みを少しでも解消できたらと思って始めたブログですので、ご質問をいただければ私にわかる範囲でお答えしたいと思っております。もちろん、イギリスで実際にお子さんを学校に通わせてみえる方の貴重なご意見、大歓迎です!

ただし、私自身、プライマリー (小学校) での勤務経験しかないため、セカンダリー (中学・高校) や 6th form に関しては残念ながらお答えすることができません。GCSE、Aレベル、国際バカロレア資格などの資格取得、日本の大学受験に関する条件、帰国子女に関する問い合わせなどをいただいても、一切お答え致しかねますのでご了承ください。

学校選びに関しては、直接ご自分で学校へお問い合わせいただくことをお勧めします。ほとんどの学校はホームページもあり、メールでのやりとりを行うこともできますので、電話での会話に自信がなくても問い合わせは可能です。

また、学校を選ぶ一つの基準としてOfSTED (非政府機関の学校基準局) のサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。具体的な学校情報の取得にはお勧めです。

おすすめ教材

家庭での本読みに多く使われるORT
Jolly Learning Ltd.
学校現場でも使われている辞書

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。