イギリスの学校

   イギリス生活・仕事のよもやま話は・・・「「まる」ないちにち」へ
   子どもに英語を教える時には、フォニックスから教えましょう~。アルファベットから教えてしまうと、あとが大変!
   その理由は・・・「カテゴリ:英語」のフォニックス
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

プロフィール

haykichi

Author:haykichi
本名:『山下かよ子』
Kayoko Yamashita。

日本で小学校の教員として通常学級と特別支援学級で勤務したのち、夫の海外転勤で渡英。イギリスではプリ・スクールで働き、今は小学校でLanguage Assistantとして勤務。
Nottingham 大学でSpecial Needs Education (特別支援教育) 修士号取得 (2012年)。
Jolly Learning 社のJolly Phonics と Jolly Grammar の公認トレーナー(2013年)。

最新コメント


report:通知表 «  » 朝日中学生ウィークリー7月1日号:取材協力

スポンサーサイト

--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: スポンサー広告
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

report:通知表 «  » 朝日中学生ウィークリー7月1日号:取材協力

大学院、卒業式

2012/07/13 (金) 23:08
私、7月12日にめでたく、大学院の卒業式を迎えることができました。
さら~っと卒業式の様子を報告。

まずは会場に着いて登録。
120712095852_D75_6337.jpg

ガウンを受け取り、着せてもらいます。ここは学生しか入れないため、写真なし。

ガウンを着て出てきたところ。帽子がちょっと大きく、落ちそうで緊張。
120712100148_D75_6340.jpg

外に出て、記念撮影!着物姿の母と。
120712100558_D75_6345.jpg

このガウン、こんな仕組みなのです。筒のようになっている袖。
120712101151_D75_6355.jpg

途中の穴から手を通します。着物みたい!
着せてもらう時も、すぐにこの穴から手を出したら、
「すぐにこの穴を見つけられたのはあなたくらい!」と驚かれました。
120712101203_D75_6356.jpg

帽子、本当に四角いんです。タッセルが被った時に左前にくるようにかぶります。
120712101131_D75_6354.jpg

卒業式会場。
120712101426_D75_6361.jpg

式場の正面。大きく学校の紋章が掲げられていました。
120712102131_DSCN2083.jpg

式の様子がわかるように、特大スクリーンも二つ設置。
120712103906_D75_6385.jpg

式が始まりました。教授たちが続々と入場。みんな、自分の専門の学科のガウンを着ています。
120712110232_D75_6391.jpg

次に、mace (メイス:職杖) が運ばれてきます。
120712110345_D75_6392.jpg

職杖の前に学長が座り、開会の辞を述べます。
120712110406_D75_6394.jpg

国歌が流れます。
次に、「卒業生、起立」の声。何かと思ったら、
「あなたたちが、今日、晴れてここにいられるのは、もちろん、自分自身の努力もあるけれど、ここにこうして来てくれている親や家族、友人たちのサポートがあったからなんです。まずは、感謝の意をこめて、盛大に自分が感謝する人に拍手しましょう!」とのお言葉。
みんな、盛大な拍手を送っていました。もちろん、私も。


そして、特別名誉博士号を授与された方からのお言葉。この方、93歳なんですよ!有名な方らしいのですが、私は知りませんでした。
120712120026_D75_6425_20120714060507.jpg

この後、一人ずつ名前を呼ばれ、いよいよ、壇上に上がります。
haykichi、待っている間、ちゃんと名前をよんでくれるかどうかが心配でした。
120712115336_D75_6410.jpg

無事に名前は呼ばれたのですが、何と、名前を読みあげる人、「特別支援教育学科」を言い忘れていました (後から、教授が大切なところを言い忘れられたね~と残念がっていました)。
120712115347_D75_6413.jpg

学長にお辞儀
120712115350_D75_6416.jpg

その後、副学長と握手。写真でこのシーンを見て、大笑い!
私、握手しながらお辞儀している (爆)!普通は目を見るんですよね~。
やっぱり日本人~~~~。
120712115355_D75_6420.jpg


この後、証明書をもらい、着席。
閉会の辞があり、無事に式終了。約1時間10分。

外に出たところに、お世話になった先生が!

この先生は大学院最初の授業で教えてくださり、2年間、いろいろなサポートをしてくださいました。ありがとうございました。修論でも、私の担当教授に代わって、いろいろとアドバイスをしてくださり、心強かったです。この日、この先生に会えてよかった。
120712121859_D75_6441.jpg

こちらの先生はカウンセリングの先生。「haykichi、奨学金もらって、ドクターに来ない?君が勉強したい課題だったら、絶対、奨学金が降りるから。」とおっしゃってくださいました。そういうお言葉をいただけるだけでも、うれしいですね。
120712122925_D75_6448.jpg


さてさて、見渡す限り、みんな似たような格好でした。どうやって「学士」「修士」「博士」を見分けるのか。
まず、博士はえんじ色のガウンを着ているので、一目瞭然。
学士と修士の違いは、ぱっと見ただけではなかなか分からず。

後ろを見ると分かります。
このフードの水色の部分が多いのが修士。学士はフードの中心は黒色になっているんです。
120712100711_D75_6347.jpg

この後、ビュッフェで食事。
120712130128_D75_6454.jpg 120712130531_D75_6455.jpg

ガウンを返して、式場を後にします。


最後に、図書館に本を返しに行くついでに、3年間学んだ校舎も見てきました。

これは図書館。お世話になりました。
120712140349_D75_6465.jpg

校舎。
120712140527_D75_6466.jpg

家に着くと土砂降り。ノッティンガムも、私たちが出た後は天気が悪くなったとか・・・。本当についていました。

line8_20120225033358.gif
イギリスへ来たころは、まさか自分が大学院で勉強するなんて思ってもいませんでした。英語だってまだまだなんです。でも、人間って目標があれば、がんばれるものなんですね。

3年間、ずっとサポートし続けてくれた夫には感謝の気持ちでいっぱい。そして、わざわざ日本から来てくれ、卒業式に出席してくれた母にも感謝。父、兄家族、友人。
そして、私の周りにいる子どもたち。
何かしらの「問題」を抱えている子どもたちに出会わなければ、特別支援教育を勉強しようなんて思わなかった。この子たちのために何かしたいという思いが、ずっと私を奮い立たせてくれていました。そして、これからも。

みんなにありがとう。
関連記事
スポンサーサイト


ブログ、移動しました。新しいサイトは http://kayokoyamashita.com/ です。

「なるほど」「もっと知りたい」と思ったら、下のいずれかのバナーを押していただけると、うれしいです。
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村 英語ブログ フォニックスへ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

web拍手 by FC2

Information

     Category: 大学院
     Comments (-)
     Trackbacks (-)

report:通知表 «  » 朝日中学生ウィークリー7月1日号:取材協力

お知らせ


イギリスの学校についてわからないことや不安なこと、心配事。そんな悩みを少しでも解消できたらと思って始めたブログですので、ご質問をいただければ私にわかる範囲でお答えしたいと思っております。もちろん、イギリスで実際にお子さんを学校に通わせてみえる方の貴重なご意見、大歓迎です!

ただし、私自身、プライマリー (小学校) での勤務経験しかないため、セカンダリー (中学・高校) や 6th form に関しては残念ながらお答えすることができません。GCSE、Aレベル、国際バカロレア資格などの資格取得、日本の大学受験に関する条件、帰国子女に関する問い合わせなどをいただいても、一切お答え致しかねますのでご了承ください。

学校選びに関しては、直接ご自分で学校へお問い合わせいただくことをお勧めします。ほとんどの学校はホームページもあり、メールでのやりとりを行うこともできますので、電話での会話に自信がなくても問い合わせは可能です。

また、学校を選ぶ一つの基準としてOfSTED (非政府機関の学校基準局) のサイトも覗いてみてはいかがでしょうか。具体的な学校情報の取得にはお勧めです。

おすすめ教材

家庭での本読みに多く使われるORT
Jolly Learning Ltd.
学校現場でも使われている辞書

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。